ご利用のブラウザは、Microsoft社のサポートが終了しています
このウェブサイトを快適に閲覧するには、ブラウザのアップグレード、または他のブラウザをご利用ください。

城陽市総合防災訓練に参加しました

2020年1月26日、城陽市で行われた 令和元年度城陽市総合防災訓練に参加しました。
『南海トラフを震源地とするマグニチュード9.0、最大震度6強の巨大地震が発生し、市内で甚大な被害が予想される』という想定のもと、訓練が実施されました。

当社では、2008年3月13日に京都南部(6市4町)と災害時における輸送車輌の提供に関する協定を締結。
同年9月8日には京都府と災害時等における輸送車輌提供の協力に関する協定を締結し、防災に関する意識をたかめています。

万一、災害が起こった場合には、自衛隊・消防をはじめとする官公署、医療機関やボランティア、地域住民の皆様と協力し合い、被害を少しでも防ぐお手伝いができればと考えています。

【概要】
日 時 2020年1月26日 (日) 9:30 〜 12:00
会 場 プレミアムアウトレット建設予定地

展示コーナーにて、介護車両の昇降体験会及び、京都日産自動車様の協力のもと電気自動車(日産リーフ)からの電源供給実演を実施いたしました。
災害によって、電気/ガス/水道/燃料などのライフラインが寸断された際、電気自動車は移動手段としてだけでなく、ご家庭や避難所への電源供給にも使うことができます。
40kWh/62kWhのバッテリーを備えた日産リーフ(ZE1型)は、一般家庭の約2~4日分の電力をまかなうことができます。

ページのトップへ