ご利用のブラウザは、Microsoft社のサポートが終了しています
このウェブサイトを快適に閲覧するには、ブラウザのアップグレード、または他のブラウザをご利用ください。

後部座席シートベルト着用の義務化

従来は、運転者の努力義務だった助手席同乗者以外の同乗者 (後部座席などの同乗者) のシートベルト着用が、完全義務となります。
運転者は、自動車を運転する際には同乗者全員にシートベルトを装着させなければなりません。
この法令改正に伴い、運転者に対する新たな罰則規定も適用されます。

Fレンタカーでは、全車の後席乗降用ドアにステッカーを貼り付けて、後部座席などの同乗者にシートベルトの装着を呼びかけています。
安全のため、運転者を含める同乗者全員のシートベルト装着をお願いします。
また、小さいお子様などシートベルトの装着が困難な場合は、チャイルドシートやジュニアシートもご用意しております。
詳しくは、各店までお問い合わせ下さい。

後部座席シートベルト着用の義務化後部座席シートベルト着用の義務化

その他の免許・道路交通法

  • 75歳以上の「高齢運転者標識 (通称 : 紅葉マーク) 」表示義務化 (平成20年 6月19日までに施行)
    70〜74歳の方でも、身体機能の低下等で運転に不安のある場合などは、高齢運転者標識 (紅葉マーク) を表示するようにつとめなければなりません。
  • 飲酒運転等の罰則強化・車両提供、酒類提供、同乗に厳罰 (平成19年 9月19日 施行)
    酒酔い運転、酒気帯び運転共に罰則が強化されています。また、運転していることを知っている場合は、提供した者・一緒に飲酒した者・同乗者も運転手同様に罰せられます。
  • 中型自動車・中型免許の新設 (平成19年 6月 2日 施行)
    普通運転免許で運転できた貨物自動車での死亡交通事故が著しく増えているため、これらの事故防止を目的として、道路交通法の一部が改正され、中型免許制度が出来ました。
  • 違法駐車の取締り強化 (平成18年 6月 1日 施行)
    放置駐車違反の確認標章が取付けられたら、レンタカーを返却する前に警察に出頭し、反則金の納付を完了し、反則金納付領収書をご提示下さい。
    止むを得ず、レンタカーの返却までに反則金の納付を完了できない場合は、自認書を作成して頂きます。
  • 携帯電話等の使用 (平成16年11月 1日 施行)
    運転中に携帯電話の使用するは、罰則の対象になります。運転中の携帯電話の使用は危険ですからお止めください。
    イヤホンマイクなどのハンズフリー装置を利用しての通話等は、罰則の対象外ですが、運転中は出来るだけ電源を切るかドライブモードなどに設定し、携帯電話を使用する際は、安全な場所に駐車してからご使用ください。

お問い合わせ

Fレンタカー 管理本部
TEL : 06-4392-3818 
電話受付時間 : 月〜金 (祝日を除く)  9:00〜18:00
ページのトップへ